スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形旅行2

山形2日目。

朝風呂にゆっくり入って 朝食。
このホテルの名物。

ってか山形名物 ぬたもち。

枝豆をつぶして 甘くしてお餅にからめたもの。

母が山形出身なので よく作ってくれましたが、そんなに好きじゃないと思ってましたが、
ホテルのバイキングにあったぬたもちは
甘さ控えめで おいしかった。おかわりしちゃった。

チェックアウトしてから 寒河江駅周辺を散策。

もう閉館してたけど、母が子供の頃よく行った映画館が残っていた。
なんともレトロな建物。

子供の頃よく食べた「ゆべし」が食べたかったんだけど、
もう作っているとこはないんだって。

私と姉は小さい頃。
小学校に入る前くらいに 毎年 夏になると山形の本家に連れてこられて
長いこと泊まっていました。2・3週間いたかな?

その長い期間の中で 時々連れてきてもらった 町や知り合いのおうちのあったとこなどを見て
懐かしく思い出したり。

子供心にどうして山形に姉と二人で長く泊まっていたのかわからなかったけど
どうも、自営の仕事が忙しいし夏休みだから
子供邪魔だったみたい・・・・

本家も農家だから忙しいかっただろうに。

だから、いつも面倒はばあちゃんがみてました。

寝るときも一緒。お蔵の部屋で ばあちゃんのとんと昔話を聞きながら寝ました。

庭には豚を飼っていたり、鶏がいたり、畑のきゅうり食べたり。あまがえるや、ちょうちょ たっくさん取って

部屋に離しちゃったり。


いろんなことしたなぁ~。



散策後、市内の別の親戚の家へ。

外出許可をもらって連れてきた ばあちゃんはもう着いてました。


ばぁちゃんの耳元で
「ばーちゃん!」って言ったら、

「Kちゃ~ん。まだいたのかー」って。

昨日来たこと憶えていてくれたんです。


またまた テーブルいっぱいの食べきれないご馳走を囲んで

娘、息子、孫、ひこに囲まれ
補助はされながらですが
ばあちゃん いろいろたくさん食べて 寝ました・・・・たっしゃです。


で、5時の新幹線で 帰りました。

母と娘2人の山形旅行。
姉と母がよくしゃべるので 電車の中でも寝ることが出来ず、
ちっと疲れました。

母が、
「今度行くときは お葬式かな~」って言ってました。

施設に入ると やっぱり刺激がないから
老化も早まるなぁ~と感じたんだと思います。

できれば、100歳まで頑張ってほしいし、

また行きたいと思います。

ばあちゃんいなくなったら もう山形に行くこともなくなるだろうし。


でも、長生きするってことも 大変だな~と

つくづく思った今回の旅行?でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おばあちゃん、元気ですね。
充実した、いい旅行になりましたね。
寒河江、ってこしずの口からも良く聞きます。
いろんな思い出があるんですね~。
1泊では物足りなかったのでは・・。

豚とか、鶏とか・・・インフルエンザにならないで良かった良かった。
(なってたかも?昔は抵抗力あるからすぐ治っちゃったとか?)

でも、田舎っていいですね。

わたしには田舎が無いので。。
(母の実家は大阪、父は栃木県小山市の駅前)
しかも、祖父も祖母もみんな亡くなって、疎遠になってます。

ストリートビューで見て、行った気になったりしましたが・・。

山形か~、
今度、パパがおじいちゃんの納骨に行くなら、
いっしょに行こうかな~。

きゃろたんとさんへ

まぁ~。元気って感じでもないですけど 生きているって感じですよね。
耳が遠いから ちゃんとした会話は出来ないし。補助しなくちゃ移動できないしね。でも会ってよかったです。
ほんと小さい頃は夏休みは山形に連れてこられて、親戚を転々と・・・
たらいまわし!?
姉が一緒だったからなんとも思わなかったんでしょうね。
おかげで色々な思い出があります。

田舎っていいですよね。
だから私は山形弁が好きです。
あまり方言強い人は何言っているかわかりませんが。

でも、おばあちゃんいなくなったら 行かなくなるでしょうね。
いとこ達とも年代が違うし。

山形もかなり都会になりましたが、もし機会があれば
行ってみてください。

遅れましたが

早いものでもう1週間過ぎてしまったんですね。
今回は会えなかったけど、観光に来た時にでもまた会える機会があるといいですね。

子供のころから寒河江に来てたんですねe-451

私が寒河江という地名を知ったのは高校くらいになったてからかも・・・i-229
何せ山形の中心街に行くことはあっても、寒河江に行くことはなかったもので、高校の友達の家に遊びに行ったのが初めてでしたよ。
でも初めての職場が寒河江だったので、ある程度の地名はわかります。主人と知り合ったのも寒河江でしたしね。
映画館って「寒映」でしょう?閉館する前はH系の映画しかしてませんでしたけどね。前を通るとき目のやり場に困りましたよe-449
職場はすぐ近くだったんですよ。数年前に道路拡張でなくなってしまいましたが。
きょん2さんにとって、寒河江はいろんな思い出が詰まっているところだったんですね。

おばあちゃん、お元気そうでよかった。

二男から聞いたんだけど、やっぱり自宅が恋しくて、家族が迎えに来るんじゃないかと、ずーっと待ってるお年寄りが多いんだそうです。軽い認知症で来ても、施設に入ったとたん悪化する人もいるって。
家族も中にはほとんど面会に来ない人もいるんだって。
自宅で介護するのはすごく大変な事だと分かってるけど、なんだか悲しくなります。

おばあちゃんは自宅に連れてきてもらって、家族みんなに囲まれて幸せですね。もっともっと長生きしてほしいですね。

きょん2さんが行ったお蕎麦屋さん、前はよく通るのに、お店に入ったことないです。本当に民家みたいなところですよね。
おいしいそばもちがあるなんて知りませんでした。
確かにあのへん歩いている人いませんもんねぇ。中学生くらいかな。
特に西寒河江はな~んにもないです。
近くにある高校の生徒専用みたいな駅ですもの。

いろいろあった2日間みたいでしたけど、お疲れ様でした。

おばあちゃんに長生きしてもらって、また山形に来てもらわなくっちゃね。
待ってますよーe-463

みよちんさんへ

なんだか、バタバタと2日間過ごしてきました。
ホテルの隣に旅館があって いい温泉に入れたことが良かったです。
 そう。映画館は「寒映」です。さすがにエロいポスターは残ってなかったですが、ポケモンのポスターが落ちてましたよ。

そうなんですよ~。夏になると長い期間山形に疎開?してました。
でもほとんど 家周辺で遊ぶか、畑に行くかでしたね。寒河江に駅があるなんて知らなかったし。
本家周辺は何もないとこでした。
でも、最近はずいぶん変わりましたよね。

おばあちゃん、元気っていうのかな~。
昔TVに出ていた、「きんさん、ぎんさん」みたいな感じかと思っていたら違ってましたね。やっぱりヨワヨワしいし、会話するって感じじゃなかったです。 やっぱり刺激のない施設での生活は 老化を早めますね。
でも、不思議と本家のひ孫のことは誰かわからないらしいのですが、私たち姉妹は最初の孫だったせいか 思い出してくれてなんか嬉しかったです。
今後、どうなるかわかりませんが また観光で山形に行きたいです。

そのときまで 忘れないでね!!v-410
プロフィール

キョン2

Author:キョン2
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。